屋根塗装について

屋根塗装についての基礎知識と、当社の取り組みについてご案内します。

屋根の塗り替えについて

屋根は、直射日光を浴びたり雨風に晒されたりと、外壁よりも過酷な環境にあります。
鹿児島の場合は、さらに桜島からの火山灰(しかも酸性)の影響もあり、他の地域よりも痛みやすいという現状です。
よって、屋根の塗り替えリフォームはお住まいの塗装の中では最優先で考えないといけません。
また、塗装工程を省き手抜き工事をされてしまうと、数年ですぐに劣化が見られるため、確かな工法・技術を用い、塗料が持つ性能を引き出し、いかに長持ちさせるかに掛かっています。

お見積もりについて

基本的に、屋根塗装のお見積もり時には、塗り面積で算出します。 当社では、お見積もり時にはお住まいまでお伺いし、ハシゴを使って屋根に上り、直接お住まいを採寸いたします。 それにより、精確な塗り面積を算出し、材料単価を掛けて算出します。 お電話のみで概算見積もりを取ることは、絶対にお勧めしません。 理由は、お客様と塗装業者との「解釈の違い」により、同条件での料金比較が難しいからです。 その結果、価格と品質がつり合わず、お客様に損害が発生する可能性が否定できないのです。

価格差が生じる原因「屋根の形状」

屋根にはいろんな形状が存在します。 戸建住宅の場合、「切り妻」「寄せ棟」「入母屋」「片流れ」「方形」など、豊富です。 さらに、屋根の勾配もそれぞれの住宅で異なります。 これらの不確定要素が多いものに、電話のみで概算見積もりを行いますと、 各塗装業者が独自の算定基準に基づき、おおよその平米数を算出しますので、 各社の基準が違う可能性が高く、そもそも比較対象になりません。 概算見積もりが安い=請求額が安いという判断は危険です。

価格差が生じる原因「使用する塗料」

お電話での概算見積もりでは、使用する塗料によっても価格差が生じます。 塗料を指定しない場合は、塗装業者の判断になりますので、 一番安い塗料の価格で伝えるか、一番売れている塗料の価格で伝えるか、様々です。 仮に、概算見積もり時に「シリコン塗料を使って」と指定したとしても、 同じシリコン塗料でも、ウレタン塗料に近い価格もあれば、フッ素塗料に近い価格もあります。 材質はシリコンですから、「同等品ですよ」と言われる可能性もありますが、 実際は同じ材質でも性能が全く異なる場合がございます。かなり判断が難しいと思います。